「インターネット及び校内LAN利用に関するガイドライン」
                                                       桐生市立相生小学校  

1 (目 的)
 このガイドラインは、桐生市立相生小学校(以下、本校と称する)において職員・児童がインターネット及び校内LANを利用するにあたり、情報モラルを身に付け、「児童及び保護者・職員等の人権を尊重しながら、より安全で効果的な情報の収集・発信・活用の能力を育てる」ことを目的とする。
 また、本ガイドラインを児童への情報教育の一環として適宜学習内容に盛り込んだり、その都度、直接指導を行い、安全で有効的な情報の活用に努めるものとする。

2 (運 用)
(1) 本校の作成したWebページに掲載された情報、および電子メールなど本校から発信された情報ついて、学校長が情報管理責任者となり責任を負う。
(2) 学校長は、インターネット利用の適正を図るため、別にシステム管理主任及び複数のシステム管理係をおく。
 付記  システム管理主任は、情報主任が兼務する。
     システム管理係は、情報部部員が兼務する。
(3) システム管理主任及び係は、学校長の指導を受けながら本校のWebページの管理および電子メールの管理を行なう。
(4) システム管理係はおもに次のような業務を行う。
 ・ システム全体の保守と管理を行う。
 ・ システムトラブルや使用上の問題が生じた場合は中心になって対処する。
(5) システム管理主任は、インターネットの接続に必要な環境の設定に務める。

3 (利 用)
 本校におけるインターネットの利用はネチケットを守り、次の各号に掲げる教育活動以外の目的に利用してはならない。
(1) 情報収集
教師の指導のもとに、Webページ、電子メールを使用して課題解決に必要な情報を検索・収集すること。
(2) 教材開発及び授業改善
著作権に十分配慮し、Webページ、電子メール等を使用して学習指導に活用できるデータを収集・加工すること。
(3) 情報の発信・交換
各学習でまとめたことなどを電子メール、学校のWebページを通じて発信するとともに、意見・感想等を受信するなど、他の地域の学校との交流を行うこと。
(4) 国内及び国際交流
国内及び海外の都市・学校等との交流を進めること。
(5) その他
学校長が学校教育に役立つと認める場合に、利用できる。

(6) 利用禁止事項の例
・掲示板やチャットなど、情報を入力するWebページの許可なき利用
・メールマガジン、オークション、ショッピング等の利用
・その他、ネチケットに反する利用

4 (Webページの作成・運用)
(1) 発信内容について
本校Webページにおいて発信される内容(コンテンツ)は、広く職員から意見を聞き、Web作成委員会において決定する。Webページが更新された場合は、速やかに職員にその旨を伝える。
(2) 作成について
本校Webページは、下記のWebページ作成委員から、原稿あるいはファイルの提出を求め、それに従い情報主任が作成する。
・校長、教頭(内容の検討を行う)
・教務主任(学校行事のページ作成の中心となる)
・特活主任(児童会行事のページ作成の中心となる)
・情報主任(ホームページのコーディネートとアップロードを行う。)
・情報教育部員(各学年のページ作成の中心となる。)
(3) 個人情報の定義と保護
Webページ作成においては、以下に示す情報を個人情報と位置づけ、その扱いについては特に留意する。
@ インターネット上に公開してはならない個人情報
・児童の実名
 → 氏名が分からないように、基本的にはニックネームまたはイニシャル(アルファベット)を用いる。
・児童の成績
・児童の学籍に関する情報
・児童の家庭状況
・個人名が特定される住所及び電話番号
・児童の個人写真
・その他、総合して個人が特定されるような情報
A 公開に当たり、本人及びその保護者に承諾を必要とする個人情報
・児童作品(絵画・工作・作文、自由研究等など)
・児童写真(個人名が特定されるもの)
B 公開可能なもの
・児童写真(個人名が特定できないもの)
・学級の集合写真や校外学習、クラス紹介、行事、委員会活動、クラブ活動の活動
の様子

(4)著作権
ホームページの著作権は、すべて桐生市立相生小学校が有する。

(5) 発信内容の訂正及び削除
@ 公開された内容に問題が生じた場合は、Web作成委員が協議し、必要な措置を取ると共に、職員に事実を公開する。 
A 内容の当事者である本人、もしくはその保護者から内容の検討を求められた場合は、速やかに対応する。 

5(電子メールの利用)
(1)インターネットへの送信を希望する電子メールの送受については、教師が操作するものとする。
(2)電子メールは相手が特定されるので、ホームページ作成上の個人情報の保護規定はあてはまらないが、見知らぬ人への送信などは充分に留意するとともに、相手の人権を傷つけるような内容を送信しないよう指導する。
(3)システム管理者は電子メールの送受を定期的に行い、インターネットサーバーのメールボックスに不必要に到着メールが残らないように心がける。
(4)電子メールの発信において、相手が特定されている場合、自己紹介程度の個人情報を発信することができるが、子どもの住所、生年月日、電話番号等の掲載には担当教師は十分配慮する。

6 (セキュリティ)
(1) インターネットに接続するコンピュータを特定しておき、それ以外のコンピュータは直接インターネットに接続しない。
(2) 個人情報を含むデータなどは、リムーバブルな媒体(FD・MO・CD−R/RW等)に保存して管理し、恒常的に外部のネットワークから閲覧できないようにする。
(3) 個人情報を含むリムーバブルな媒体(FD・MO・CD−R/RW等)は、各自が管理についても十分配慮する。
(4) ウイルス(コンピュータシステムに何らかの被害を及ぼす目的で作られたプログラム等)の被害を予防するため、ワクチン(ウイルスを発見し駆除するために作られたソフトウェア)による検査を定期的に実施する。
(5) パスワードの管理は、システム管理責任者及び利用責任者が適正に運用する。

7 (校内規定の見直し)
(1) インターネット等に関わる諸事情の変化に伴い、この校内規定に示した事項の見直しが必要になったときは、校内における十分な検討を経て規定の変更を行なう。

8 (付 則)
(1) 本規定の施行に関して必要な事項は別に定める。
(2) 本規定は、2002年12月1日から実施する。