桐生市立小・中・養護・商業高等学校におけるインターネット利用ガイドライン 
     
1 趣旨                                    
 このガイドラインは、桐生市立小・中・養護・商業高等学校(以下「学校」という。)においてインターネットを活用することに伴い、桐生市個人情報保護条例(平成10年桐生市条例第30号。以下「条例」という。)に規定する個人情報を取り扱うため、インターネットの管理運営について必要な事項を定めるとともに、個人情報を保護することに関し必要な事項を定める。                
 
2 利用の目的
 このガイドラインは、桐生市立小・中・養護・商業高等学校(以下「学校」という。)において、児童生徒の人権を尊重しながら、安全かつ効果的にインターネットを利用した教育及び学習活動を行うための基本的な共通ルールを示すことを目的とする。
 したがって教職員は、本ガイドラインに定める事項をインターネット利用の共通ルールとして十分理解・協議して、インターネットを児童生徒の情報活用能力の育成のために効果的に活用するよう努めるものとする。
 
3 インターネットの運用
 インターネットの適正な運用を図るため、学校に情報管理責任者を置く。情報管理責任者は学校長とし、学校内の教職員を担当者とする。学校長は教職員に対して、インターネットの適正な運用に関する指導及び監督を行うものとする。
 
4 インターネット利用の形態
 インターネットの主な利用形態は、以下に定めるものとする。
(1)情報発信及び受信
 各教科、特別活動、総合的な学習の時間等の教育活動において、インターネットを利用して情報の発信及び受信をすること。
(2)情報検索及び収集
 学習に関する情報を検索したり、収集したりすること。
(3)教材開発及び授業改善
 情報の収集・加工による教材の作成や最新の情報を授業に活用すること。
(4)その他
 学校長が学校教育に役立つと認める利用。
 
5 機器等の管理
(1)インターネットに接続するコンピュータは特定し、それ以外のコンピュータは接続しないこと。
(2)インターネットに接続されたコンピュータを利用するとき、個人情報を含むデータはフロッピーディスクその他の媒体で管理し、コンピュータ本体には蓄積しないこと。また、フロッピーディスク等の管理についても十分配慮すること。
(3)インターネットに接続するコンピュータは定期的にウィルスチェックを施し、ウィルスチェックプログラムは、常に新しいものにバージョンアップするようにつとめること。
(4)パスワードは定期的に変更し、古いパスワードは再利用しないこと。
 
6 公的なWebページの開設
(1)公的なWebページの開設場所
 学校において情報を発信するWebページ(以下「公的なWebページ」という。)は、公的に設置された当該学校サーバ又は群馬県総合教育センターにアップロードするものとし、原則として民間プロバイダー等外部機関においては開設しない。
(2)公的なWebページの開設主体
 公的なWebページは、学校(教科研究会等、所属長が適当と認めるものを含む)を開設主体として開設すること。
(3)他の利用者のWebページにリンクを行う場合、また、他の利用者のWebページからのリンクを許諾する場合には、学校長の許可を得ること。
 
7 公的なWebページへの掲載情報
(1)掲載情報の著作権
 公的なWebページに掲載する情報(文章、絵画、写真、音楽等)は、その著作権に十分配慮しなければならない。したがって、公的なWebページへの情報掲載にあたっては、Webページに掲載することを目的に作成した情報を作成者本人が登録することを原則とし、無断転載の禁止、制限事項、著作権等をWebページ上に明記すること。
 また、情報の作成者以外の者が掲載しようとする場合、及び掲載しようとする情報の内容が第三者に関連するものである場合には、事前に情報の作成者及び関連する第三者の同意を得るとともに、掲載方法等についてその指示に従うこと。
(2)個人情報の保護
 公的なWebページにおいて、児童生徒の個人情報を掲載することは、児童生徒の人権を尊重し、その安全を確保する観点から、できるだけ行わないことが望ましい。ただし、学校行事や児童生徒の作品・活動成果の紹介その他教育活動を進める上で必要と思われる場合には、掲載することの目的及び教育的効果と掲載による危険性を十分考慮し、表1を参考にして掲載すること。
 この場合、児童生徒本人及び保護者に対して、掲載することの危険性についても十分説明した上で別紙様式1、別紙様式2を参考にして、提供の依頼、同意を得ること。
@氏名・学年・性別
 児童生徒の作品の掲載等においては、原則として個人情報を掲載しない。ただし、記事掲載の目的から個人情報の掲載が必要である場合に限り、表1を参考として掲載する。
A写真
 児童生徒の写真を掲載する場合は、集合写真とするなど個人が特定できないように配慮する。やむを得ず個人が特定できる写真を掲載する場合には、その写真を児童生徒本人及び保護者に示して了解を得た上で、氏名と一致することのないように掲載する。
Bその他の個人情報
 国籍、本籍、住所、電話番号、生年月日、家族構成など個人に関する情報は、公的なWebページ上には掲載しないこと。
C掲載期間
 公的なWebページに掲載する個人情報は最長約1年間とする。
Dその他
 電子メール等の情報の発信についても、表1を参考とする。
  表1[参考]





      類


      型













個人写真

集合写真





電話番号

生徒作品

    備


    考




 

 スポーツ大会やコンテスト等で優秀な成績をあげ、既に出版・報道等で公にされている児童生徒に関する個人情報




 




 




 


×

 




 


×

 


×

 




 

・写真の取扱には十分注意すること

 




 

 出版・報道等で公にされていないが、情報提供や意見交換、研究発表等を行う場合の児童生徒に関する個人情報




 




 




 


×

 




 


×

 


×

 




 

・写真の取扱には十分注意すること

 






 

 その他、項目1,2に該当しないものであって、当該学校において教育上提供することが望まれ、かつ有効であると学校長が判断する個人情報
 






 






 






 


×



 






 


×



 


×



 






 

・写真の取扱には十分注意すること
・PTA、卒業生等の情報も含む

 
                                          (○:可、×:不可)
(3)掲載情報の内容
 教職員及び児童生徒は、公的な機関を代表した教育目的での情報発信であることを十分認識して記事を作成・掲載することとし、すべての掲載情報について学校長の承認を得た上で発信すること。
 学校長は、掲載情報の承認にあたって、次のような内容が掲載されることのないように十分注意すること。
@法令及び公序良俗に反する内容
A営利を目的とする内容
B第三者の著作権その他の権利を侵害する内容
C第三者を誹謗・中傷したり差別につながるような内容
Dその他学校から不特定多数に対して発信する情報として不適当と判断する内容
(4)掲載情報に対する指摘への対応
 児童生徒に関する掲載情報について、本人又は保護者から掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合には、速やかに要請に対応した措置を講じること。第三者の著作に係る情報について当該著作権者から要請があった場合も同様とする。
 その他、閲覧者等から掲載情報の内容について指摘を受けた場合には、速やかに学校長及び関係教職員で協議した後、桐生市教育委員会と相談して、適切な措置を講じること。
 
8 私的なWebページの掲載情報に関する禁止事項
(1)公的な機関の名称等によるWebページ開設
 教職員及び児童生徒は、個人又は私的組織として開設しているWebページ(以下「私的なWebページ」という。)上では、公的な名称を使用したり、又は公的なWebページと誤解されるようなWebページを作成・開設しないこと。
(2)児童生徒に関する個人情報等の掲載
 教職員が自己の研究成果等を私的なWebページにおいて発表する場合には、学校長の許可を得ることとし、職務又は職務上の地位等に関連して直接又は間接的に知り得た児童生徒に関する個人情報及びこれに類する事項を掲載しないこと。
 
9 児童生徒の利用に関する配慮
(1)児童生徒の利用にあたっての指導
 教職員は、児童生徒のインターネット利用に際して、児童生徒が情報を発信する場合には、他人の誹謗・中傷をしないこと、著作権、肖像権、知的所有権に配慮すること、個人情報を掲載することの危険性など、ネットワーク利用における基本的なモラルやマナーについて十分指導し、情報発信者としての自覚と責任について児童生徒が正しく理解できるように努めること。また、児童生徒が電子メール等により他人から誹謗・中傷を受けるなど、児童生徒にとって不快な内容を含む情報を受信した場合には、すみやかに教職員に報告・相談するよう指導すること。
(2)児童生徒の健全な育成を妨げる情報についての配慮
 公的なコンピュータをインターネットに接続する場合には、児童生徒の健全な育成を妨げる恐れのある情報に、児童生徒が不用意に触れることのないよう万全の配慮を行うこと。
 
10 その他
(1)教育委員会所管の学校教育関連システムでの準用
 桐生市教育委員会が所管する、桐生市教育情報ネットワークなど学校教育に関連したシステムでのインターネット利用についても、本ガイドラインに準じて取り扱うものとする。
(2)ガイドラインの尊重
 インターネットを含む情報通信技術の進展に伴い、本ガイドラインに明示されていない技術や機能を利用する場合であっても、法令の規定はもとより、本ガイドラインの目的・趣旨を尊重して利用すること。
 
(附則)このガイドラインは平成14年10月7日より施行する。